FXのレバレッジをやさしく解説|計算方法から失敗しない為の対策まで

FXのレバレッジをやさしく解説|計算方法から失敗しない為の対策まで
マナブさん
FXは少額投資で大きな利益を得やすいと言われています。

 

これはFXの仕組みにレバレッジを適用しているためです。

 

しかし、このレバレッジの意味をよく理解していない人も少なくありません。

 

このページでは、FXのレバレッジについてわかりやすく丁寧に解説します。

 

レバレッジとは?

レバレッジとは?

 

 

マナブさん
FXのレバレッジとは、自分の資金以上の取引ができる仕組み

 

簡単に説明すれば、一定の資金を担保にすればそれ以上の資金を借りてトレードできると考えれば理解しやすいのではないでしょうか。

 

また、株式投資で言うところの信用取引に似た感覚を抱いても大丈夫です

 

ただし、FXのレバレッジは信用取引以上に資金を引き上げられます。

 

具体的には、日本国内では最大25倍までレバレッジの適用が可能。

 

信用取引の約8倍近いレバレッジになるため、資金効率の面ではFXのほうが優れていると言えるでしょう。

 

FXのレバレッジ規制はいつから?

当記事を投稿した時点では、FXのレバレッジは最大25倍ですが、過去は数百倍のレバレッジ設定も可能でした。

 

これまでの歴史でもFXはレバレッジの規制がされ、数百倍のレバレッジから現時点の最大25倍までのレバレッジに規制を受けています

 

さらに、今後は最大レバレッジ10倍に規制しようという動きがありましたが、2020年3月現在は見送られる形になっています。

 

レバレッジ規制の議論が起こる理由は、個人投資家等の損失リスクにあります。

 

規制を検討する金融庁は、基本的にリスクの高い金融商品は良しとは考えていないため、FXのレバレッジ規制はよく考えられる問題です。

 

したがって、今回は有識者討論会で猛反対があったこともあり見送られましたが、再びレバレッジ規制の議論が起こる可能性は充分あるでしょう。

 

FXのレバレッジは最大どれぐらい?

 

マナブさん
これまでお伝えしている通り、FXの最大レバレッジは25倍です。

 

これは国内のレバレッジ規制で決まっている内容で、金融庁の認可を受けたFX業者は絶対にレバレッジは最大25倍までしか適用してはいけません。

 

それ以上のレバレッジでトレードをすることはできないので、古い記事等で「レバレッジ100倍で儲かった」といった内容は昔の話です。

 

2020年3月現時点では、日本国内の最大レバレッジは25倍になります。

 

FXのレバレッジと必要証拠金の関係性

FXを行う上で必要証拠金が必ず必要となるのですが、FXのレバレッジと必要証拠金の関係性は非常に強いです。

 

マナブさん
「必要証拠金」の意味はそのままで、設定したレバレッジでトレードするために必要な証拠金です。

 

もう少しわかりやすく説明すれば、最低限納めるべき担保になります。

 

たとえば、米ドル/円=100円の場合、10,000通貨の最大レバレッジ25倍を適用した際の必要証拠金は約40,000円

 

つまり、約40,000円以下の資金では10,000通貨でトレードできないということです。

 

このようにFXのレバレッジと必要証拠金は大事な関係になるので、覚えておくようにしましょう。

 

FXのレバレッジ計算方法

マナブさん
ここまで、レバレッジについて解説してきましたが、次はレバレッジの計算方法をご紹介します。

 

FXのレバレッジの計算方法は、以下の方法で算出できます。

 

レバレッジ=通貨ペアのレート×通貨単位÷口座資金(証拠金)

 

ここでは、以下の仮定に沿って計算してみました。

 

米ドル/円=100円:最小取引単位10,000通貨:口座資金40,000円

100×10,000÷40,000=25

 

もしも口座資金が100,000円だった場合は以下のとおりです。

 

100×10,000÷100,000=10

 

このようにFXのレバレッジは計算式に当てはめれば算出可能です。

 

低レバレッジでロスカット回避

 

レバレッジは高ければ高いほどロスカットされやすいです。

 

ロスカットとは?

 急な相場変動で損失が発生した際、証拠金以上の損失を出さない為に強制的に取引を中止させるシステム

ロスカットについてもう少し詳細に知りたい方は「ロスカットとは?FXを始める前に知っておきたい各FX業者毎のロスカットルール」をご覧下さい。

 

たとえば、レバレッジ1倍と25倍では、単純にロスカットされてしまう確率が25倍の差があります。

 

FX業者によってロスカットの値は異なりますが、いずれにせよレバレッジは高ければ高いほどロスカットされてしまう可能性は高いでしょう。

 

つまり、低レバレッジでFXをすればロスカットは回避しやすくなり、負けづらくなることは言うまでもありません。

 

特にFX初心者はトレードが未熟なことから損失を抱えやすく、トレード手法を身につけるためにも低レバレッジでトレードをするべきでしょう。

 

レバレッジ設定が可能なFX業者一覧

上記で、低レバレッジの重要性をお伝えしましたが、ここでは、レバレッジの設定を変更できる業者をご紹介致します。

FX業者名 レバレッジ設定倍率 公式HP
FXブロードネット 1倍/20倍/25倍 詳細はこちら
YJFX! 1倍/10倍/25倍 詳細はこちら
ライブスター証券 5倍/10倍/25倍

 

マナブさん
このようにレバレッジ設定ができるFX業者は非常に少ないのです。

 

レバレッジが原則固定のFX業者一覧

 

マナブさん
次にレバレッジが原則固定な業者をご紹介致します。

 

FX業者名 レバレッジ 公式HP
SBI証券 25倍 詳細はこちら
SBIFXトレード 25倍 詳細はこちら
マネースクエア 25倍 詳細はこちら
ヒロセ通商 25倍 詳細はこちら
JFX 25倍 詳細はこちら
IG証券 25倍 詳細はこちら
GMOクリック証券 25倍 詳細はこちら
マネックス証券 25倍 詳細はこちら
FXプライムbyGMO 25倍 詳細はこちら
FXTF 25倍 詳細はこちら
楽天証券 25倍 詳細はこちら
FOREX.com 25倍 詳細はこちら
DMMFX 25倍 詳細はこちら
AVATRADE 25倍 詳細はこちら
みんなのFX 25倍 詳細はこちら
マネーパートナーズ 25倍 詳細はこちら
松井証券 25倍 詳細はこちら
ひまわり証券 25倍 詳細はこちら
日産証券 25倍 詳細はこちら
大和証券 25倍 詳細はこちら
セントラル短資FX 25倍 詳細はこちら
サクソバンク証券 25倍 詳細はこちら
auカブコム証券 25倍 詳細はこちら
外為どっとコム 25倍 詳細はこちら
外為ジャパン 25倍 詳細はこちら
外為オンライン 25倍 詳細はこちら
上田ハーローFX 25倍 詳細はこちら
インヴァスト証券 25倍 詳細はこちら
アイネット証券 25倍 詳細はこちら

 

以上の表のとおり、大半のFX業者はレバレッジが固定されています。

 

FXのレバレッジをなし(1倍)で行う事は可能なのか

 

FXのレバレッジなしあるいは1倍でトレードすることは可能です。

 

口座に充分に資金を入金しておけばレバレッジ1倍トレードができます。

 

仮定として以下の情報で考えてみましょう。

 

米ドル/円=100円:10,000通貨:レバレッジ1倍=口座資金100万円

 

上記の示した状態でおおよそレバレッジ1倍のトレードになります。

 

このように、レバレッジが設定できないFX業者の場合は、自身で資金コントロールをすることで事実上レバレッジ1倍のトレードができます。

 

FXの最大レバレッジで借金を背負ってしまう事もあるの?

 

通常、FXの最大レバレッジで借金を背負うことはありません。

 

というのも、強制ロスカットというシステムで、一定以下の証拠金維持率になれば保有しているポジションが強制的に売却されてしまうためです。

 

しかし、急激な為替変動や週またぎの窓開けで強制ロスカットが発動しないケースもあり、そういった場合は予期せぬ借金になってしまう可能性はあります。

 

滅多にないことですが、スイスフランショックのような状況で借金になってしまったトレーダーも少なからず存在します。

 

もちろんレバレッジコントロールをしておけば借金になることは少ないですが、借金になり得るリスクについては把握しておくべきでしょう。

 

マナブさん
最近もコロナショックの影響で相場が荒れましたね

 

FXが本当に危険かどうか判断ができなかったり心配な方は「FXは本当に危険?借金せずに破産リスクを考慮した手法とは?」をご覧頂き、事前知識をつけておきましょう。

FX初心者がレバレッジで失敗しない為の対策

上記でレバレッジによるリスクを記載しましたが、そのリスクに対してどのゆうに対策を講じておけばよいのかをご紹介致します。

 

FX初心者は、以下の3点に気をつけなければなりません。

 

  1. 急な相場変動では極力取引しない
  2. ポジションを保有したまま週をまたがない
  3. レバレッジをコントロールする

 

急な相場変動では極力取引しない

 

急な相場変動を予期できる場合は、極力取引を控えるべきです。

 

重要経済指標や要人発言は、事前に各FX業者の公式サイトや取引ツールで周知していることが大半です。

 

自然災害や突然の人災に対しては対処が難しいですが、上記のような事前に判明している相場では取引しないようにしましょう。

 

有名なスイスフランショックでも事前に取引を控えていれば、急な変動に巻き込まれずにすんだということです。

 

ポジションを保有したまま週をまたがない

 

ポジションを保有したまま週をまたいでしまうと、窓開けでレートが飛んでしまうことがあります。

 

週の始まりは土日のトラブル等で価格がつきづらくなり、結果的に窓を開けて週の終わりとは異なるレートをつけることもあります。

 

つまり、週の終わりでポジションを整理しておけば安心ということです。

 

また、仮に長期トレード手法であればレバレッジを抑えてポジションを保有しておく等すれば対策になります。

 

レバレッジをコントロールする

 

レバレッジは結局のところ自身でコントロールする必要があります。

 

ハイレバレッジにすると大きく利益を得やすい一方、大きな損失を抱えてしまう可能性も高くなります。

 

誘惑に負けずレバレッジをコントロールすれば、大きな損失になる確率は下がります。

 

特にFX初心者は損失になりやすいため、低レバレッジでトレードするようにしましょう。

上記の他にも、FXで失敗しない為の対策を知りたい方は「FX初心者が失敗してしまう3つの特徴と破産しない為の4つの対策」を確認しておきましょう。

 

FXの借金リスクを回避できる少額投資手法

 

FXの借金リスクを抑えるためには、最小取引単位に注目するべきです。

 

最小取引単位の低いFX業者であれば数千円で通貨単位を保有できます。

 

FX初心者はトレードに慣れるためにも、まずは少額投資ができるFX業者を選ぶようにしましょう。

 

少額投資に対応しているFX業者とは?

 

少額投資に対応したおすすめのFX業者は、以下の4社です。

 

  1. LIGHTFX
  2. みんなのFX
  3. マネーパートナーズ
  4. 外為オンライン

 

LIGHT FX

【LIGHT FX】

LIGHTFXはみんなのFXと運営元が同じトレイダーズ証券です。

 

みんなのFXと大きな違いはありませんが、高金利通貨ペアのスワップポイントに魅力があります。

 

低レバレッジでスワップポイント中心のトレードを検討している場合は、LIGHTFXを検討する価値が高いでしょう。

 

LIGHTFXのメリット LIGHTFXのデメリット
・最小取引単位1,000通貨

・業界最狭水準のスプレッド

・高金利通貨ペアのスワップポイントに魅力

・各種手数料無料

・24時間サポート

・シンプルで使いやすい取引ツール

・他の金融商品の取り扱いはない

・自社アナリストはいない

・セミナーの開催は期待できない

・みんなのFXとほぼ同じ

 

\ 少額投資でライトに始めれます /

LIGHT FXで口座開設スタート

 

 

 

みんなのFX

【みんなのFX】

最近、人気が高くなりつつあるみんなのFX。

 

その名のとおりみんなでFXを楽しめるような特徴が多く、利便性は高いです。

 

イメージキャラクターに鈴木奈々さんを起用し、動画でFXについての解説も多くあり、FX初心者にもわかりやすい構成です。

 

みんなのFXのメリット みんなのFXのデメリット
・最小取引単位1,000通貨

・業界最狭水準のスプレッド

・高水準のスワップポイント

・24時間サポートあり

・自社テスト99.9%の約定力

・各種手数料無料

・シストレ/バイナリーオプションあり

・複数キャンペーン制度を開催

・オンラインセミナーや動画でFXを勉強できる

・サーバーの強度はそこまで高くない

・取り扱い通貨ペアは23種類で普通

・急な変動時は滑る場合がある

・インストール版の取引ツールは低スペックパソコンでは起動が遅い

 

みんなのFXで口座開設スタート

 

 

マネーパートナーズFX

【マネーパートナーズFX】

今回挙げたFX業者の中で、マネーパートナーズの最小取引単位は最も低いです。

 

マネーパートナーズの最小取引単位は100通貨で、他のFX業者の1,000通貨よりも約1/10の資金でトレードが可能。

 

約500円あれば米ドル/円のトレードを始められるので、借金リスクも非常に低くFX初心者に向いたFX業者です。

 

マネーパートナーズのメリット マネーパートナーズのデメリット
・オリコン5年連続顧客満足度1位

・矢野経済研究所約定力調査11年連続1位

・FX専業初の東証一部上場企業グループ

・各種手数料無料

・業界最狭水準のスプレッド

・最小取引単位100通貨

・クイック入金対応

・連続予約注文あり

・スピード取引対応のASストリーミング注文あり

・デモ口座なし

・100通貨単位のnano口座は強制ロスカットの値が通常より高い

・スワップポイントは高くない

 

 

 

外為オンライン

【外為オンライン】

キャッチコピー「あなたの為の、外為を。」の外為オンライン。

 

主要都市を中心にしたセミナーを定期的に開催し、FX初心者の人が学びやすい環境を提供しています。

 

また、話題のiサイクル2取引を提供しているため、自動売買に興味を持っている人でも使えるFX業者です。

 

外為オンラインのメリット 外為オンラインのデメリット
・最小取引単位1,000通貨

・iサイクル2取引

・豊富な情報コンテンツ

・定期的なセミナーを開催

・自由自在にカスタマイズできる取引ツール

・デモ口座あり

・他の金融商品の取り扱いはない

・スプレッドが高い

・iサイクル2取引は手数料が発生する

・問い合わせ対応時間は24時間ではない

 

\ FX業界の老舗 /

外為オンラインで口座開設スタート

 

 

FXのレバレッジに関するQ&A

 

ここからはFXのレバレッジに関するよくある質問に回答していきます。

 

FXの実効レバレッジとは

 

マナブさん
実効レバレッジとは、実質の運用上のレバレッジです。

 

現在の試算に評価損益を加えた金額に対して何倍のトレードかを示します。

 

計算方式は、以下のとおりです。

 

ポジション評価額(取引数量×通貨レート)÷有効証拠金額(資産+評価損益額-出金依頼額)

 

法人口座のレバレッジは何倍?

 

法人口座のレバレッジは、最大でも原則100倍までです。

 

ハイレバレッジしか利益にならない?

 

ハイレバレッジだから利益になるわけではありません。

 

ハイレバレッジは、ハイリスクハイリターンです。

 

トレード手法が確立していれば利益は増えますが、逆に適当トレードであれば基本的に損失がふくらむばかりです。

 

むしろローリスクローリターンのローレバレッジのほうが大きな損失にならずに利益になることもあるでしょう。

 

 

>FXで最も重要なのは「トータルで勝つ」事です

FXで最も重要なのは「トータルで勝つ」事です


トータルで勝つ為の戦略として「業者選定」はとても重要です。

FXを10年経験してきた筆者がメインで扱っている「DMMFX」はツールも扱いやすい為、FX初心者にとって不都合ない業者です。

上記の業者で負け越してしまう場合は、どこを利用しても負けてしまいます。
FXで結果を出すのに、遠回りしない業者選定を心掛けましょう!

CTR IMG
\ 2020年!最新版 /
【確認必須】FX初心者におすすめな厳選4業者を徹底比較!
記事を確認してみる
\ 2020年!最新版 /
【確認必須】FX初心者におすすめな厳選4業者を徹底比較!
記事を確認してみる