ロスカットとは?FXを始める前に知っておきたい各FX業者毎のロスカットルール

ロスカットとは?FXを始める前に知っておきたい各FX業者毎のロスカットルール

FXは自由にトレードして構いませんが、ルールというものに縛られます。

 

ルールはFX業者によって異なりますが、ロスカットについて知っておくべきです。

 

というのも、ロスカットは非常に大事なルールのひとつ。

 

ここでは、ロスカットの意味から各FX業者のロスカットまで徹底的に解説していきますので、どうぞ最後までご覧になって知識に蓄えてください。

 

※当記事はDMM FXのロスカットルールを参考にご紹介しております。

ロスカットとは

 

ロスカットとは、保有ポジションがFX業者によって強制決済される仕組みのことです

 

各FX業者の定める証拠金維持率によってロスカットされる値は異なり、100%や50%などさまざまです。

 

勝手にポジションが決済されてしまうのでトレーダーは迷惑に感じるかもしれませんが、資産を安全に守るために必要なルールです。

 

ロスカットされたくない場合は、事前に利用しているFX業者のロスカットルールについて詳しく調べておくようにしましょう。

 

ロスカットされる条件とは?

 

購入したポジションの損失側にレートが移行したうえで、FX業者の定めた証拠金維持率まで到達すると発動します。

 

また、ロスカットが発動するレートよりも損失の少ないところで損切りラインを決めておけばロスカットは発動しません。

 

FX業者によってはロスカットの発動で手数料が発生してしまうこともあるため、なるべくロスカットにならないように注意しましょう。

 

追証(追加証拠金)について

 

追証とは、一定の証拠金維持率を下回ると求められる制度で、要はFX業者への借金となります。

 

ロスカットと似ていますが、順序的には追証があってロスカットになります。

 

まずは追証の連絡で証拠金維持率を回復するための入金を求められ、それでも入金がなければロスカットされます。

 

また、急激な相場変動時には追証を飛ばしてロスカットになることもあり得ます。

 

追証が発生した際の注意点

 

追証が発生した際は、FX業者から以下のような手続きが進められます。

 

  • 新規取引の停止
  • 出金予約の停止
  • 発注済新規未約定注文の取消
  • 出金予約の取消

 

ポジションを解消するか入金すれば上記の手続きが進められることはありません。

 

マージンカット(強制ロスカット)について

 

マージンカットはロスカットと同じ意味です。

 

FX業者によってマージンカットやロスカットと呼び方が異なります。

 

また、追証のことをマージンコールと呼ぶ場合もあります。

 

どちらも本質は同じなので、特に難しく考える必要はないでしょう。

 

ロスカットの計算方法

 

ロスカットの計算方法の基本式は、以下のとおりです。

 

有効証拠金-必要証拠金=余剰金

余剰金÷通貨数量=ロスカット到達の値幅

 

余剰金を計算した時点のレート-ロスカット到達の値幅=ロスカット値

 

 

余剰金を計算した時点のレート+ロスカット到達の値幅=ロスカット値

 

このように計算式は単純ですが、面倒に感じる場合はロスカットシミュレーションを使えばスムーズに判明します。

 

ロスカットのシミュレーション結果からロスカットレートを予測しよう

ロスカットレートは、ロスカットシミュレーションから予測できます。

 

ロスカットレートの計算方法は、必要証拠金×ロスカットラインです。

 

下記画像は、DMM FXが提供している「証拠金シミュレーション」にて計算したロスカットレートです。

 

例)2020/3/15時点,ドル円,純資産額10万円

DMMシミュレーション

 

上記の画像の場合では、以下のとおりです。

 

43,214円(必要証拠金)×50%=21,607円

 

上記のシミュレーションでは純資産額(口座残高)が100,000円あるので、100,000円から21,607円を引いた金額、78,393円の含み損までロスカットされません。

 

レートに換算すると、78,393円からUSD/JPYの1lot(10,000通貨)で割ると約7.8円の値下がりでロスカットです。

 

つまり、108,035円-7.8円=100,235円でロスカットが執行されるということです。

 

まとめると以下のとおりです。

 

  • 10万円の純資産額(口座残高)から21,607円まで証拠金維持率が減るとロスカット
  • 108,035円から約7.8円引いた100,.235のレートでロスカット

 

FX業者ロスカットルール一覧表

 

マナブさん
ここでは各FX業者のロスカットルールを示した表を用意しましたので、ぜひ確認しておいてください。

 

FX業者 ロスカットルール
DMM FX 証拠金維持率50%以下
GMOクリック証券 証拠金維持率50%未満
みんなのFX 証拠金維持率100%以下
LIGHT FX 証拠金維持率100%以下
外為オンライン ・取引証拠金×100%

・取引証拠金×20%

ヒロセ通商(LION FX) 証拠金維持率100%未満
外為ジャパン 証拠金維持率60%以下
マネーパートナーズ 証拠金維持率40%以下
YJFX! 証拠金維持率50%下回った場合
ライブスターFX ・取引証拠金×25%

・取引証拠金×100%

 

当たり前のことですが、ロスカットルールで証拠金維持率が高いとロスカットされる確率が高いです。

 

ハイレバレッジトレード中心の場合、ロスカットルールで証拠金維持率が低いFX業者を選ぶほうが長時間ポジションを持ちやすくなるでしょう。

 

ロスカットに関するQ&A

 

ここからはロスカットに関するよくある質問について回答していきます。

 

両建てを実施中にロスカットされる事はあるのか?

 

一般的に考えると同数の保有ポジションの両建て状態であれば損益は維持したまま移行するように考えられますが、両建てでもロスカットされる可能性はあります。

 

ロスカットされる条件とは、以下を挙げられます。

 

  • スプレッドの拡大
  • スワップポイントによる逆ザヤ
  • 必要証拠金の増加

 

スワップポイントは受取額より支払額のほうが大きくなるため、原則的に損失が増えていきます。

 

特に高金利通貨ペアの両建てであれば顕著に損失が膨らむので、なお注意してください。

 

ロスカットで手数料が発生するFX業者はあるのか?

 

大半の国内FX業者はロスカットで手数料は発生しません。

 

しかし、一部のFX業者はロスカット執行時に手数料の支払いが生じます。

 

有名所のFX業者では、GMOクリック証券です。

 

GMOクリック証券のロスカット手数料は税込500円です。

 

ハイレバレッジトレードをする際はロスカットされてしまう確率が高まるので、なるべくロスカット手数料無料のFX業者を選ぶべきでしょう。

 

ロスカットが間に合わないことはあるのか?

 

ロスカットはトレーダーの資産を安全に守るためにFX業者が自動的に執行していますが、かならずしも執行されるわけではありません。

 

具体的には、急激な相場変動時や窓開け状態においてロスカットの自動執行が間に合わなくなったケースです。

 

このような場合ではロスカット執行水準を超えて決済されてしまうことがあり、最悪のケースでは借金になることもあり得ます。

 

ハイレバレッジトレードはハイリスクになると言われる理由のひとつでもあるため、トレーダーは念頭に置いておかなければなりません。

 

まとめ

 

今回はFX業者のロスカットについて詳しく説明してきました。

 

ロスカットはトレーダーの資産を守るために行われるものですが、その一方で思っていたよりも早く決済されてしまうことがあります。

 

特にFX初心者はロスカットを知らず「口座残高が0円になるまでポジションを保有し続けられるだろう」と勘違いしていることも珍しくありません。

 

また、追証という仕組みによってロスカット前に追加入金を求められることもあり、応じなければロスカットされてしまいます。

 

そのうえロスカットが間に合わず最悪のケースでは借金になってしまうこともあります。

 

自身のポジションを守るために追加入金をするのも悪くありませんが、そもそも追証やロスカットが発生しないトレードルールを敷いておくべきです。

 

具体的には、ローレバレッジでトレードをすることによって追証やロスカットを回避しやすくなるので、特にFX初心者は無理なハイレバレッジトレードは控えるようにしてはいかがでしょうか。

>FXで最も重要なのは「トータルで勝つ」事です

FXで最も重要なのは「トータルで勝つ」事です


トータルで勝つ為の戦略として「業者選定」はとても重要です。

FXを10年経験してきた筆者がメインで扱っている「DMMFX」はツールも扱いやすい為、FX初心者にとって不都合ない業者です。

上記の業者で負け越してしまう場合は、どこを利用しても負けてしまいます。
FXで結果を出すのに、遠回りしない業者選定を心掛けましょう!

CTR IMG
\ 2020年!最新版 /
【確認必須】FX初心者におすすめな厳選4業者を徹底比較!
記事を確認してみる
\ 2020年!最新版 /
【確認必須】FX初心者におすすめな厳選4業者を徹底比較!
記事を確認してみる