FXの証拠金とは?必要証拠金や証拠金維持率の計算方法を解説

FXの証拠金とは?必要証拠金や証拠金維持率の計算方法を解説

FXを始めるにあたって「証拠金」というキーワードはつきまといます。

 

証拠金の意味を知らなくてもトレード自体はできますが、知らないままトレードを始めてしまうと大変なことになってしまうかもしれません。

 

ここでは、FXの証拠金にまつわる大事なポイントを押さえて徹底的に解説していきますので、ぜひ最後までご覧になって知識を蓄えてください。

 

FXの「証拠金」とは

 

マナブさん
証拠金とは、簡単に説明すれば担保です。

 

一定の担保を用意すれば通常の資金以上のポジションを保有できます。

 

仮に100万円分のポジションを保有したい場合、本来であれば100万円必要ですが、一定の証拠金を預けることでそのポジションを保有可能。

 

このように、FXの証拠金は少額でも大きなポジションを持てる仕組みです。

 

「証拠金取引」とは

 

マナブさん
証拠金取引とは、FXや先物取引で使われています。

 

同じ投資でも株式投資では売買の都度に代金が引き渡される一方、証拠金取引の場合は売買の決済で生じた損益のみが引き渡されます。

 

この仕組みは差金決済と呼ばれ、新規にポジションを保有するときは必要ありませんが、損失に対応するために一定の資金を預けなければなりません。

 

この預けることは前の項目で説明した証拠金になり、そして証拠金を用いてトレードすることを証拠金取引と呼んでいます。

 

「必要証拠金」とは

 

マナブさん
必要証拠金とは、保有したいポジションを得るために用意するべき最低限の資金です。

 

その最低限の必要証拠金を用意しなければポジションを保有できません。

 

たとえば、米ドル/円=100円のときに10,000通貨のポジションを保有したい場合の必要証拠金は約40,000円。

 

このように、必要証拠金は現在の為替レートと保有したいポジションによって異なるため、事前に確認しておくことが大事です。

 

「証拠金維持率」とは

 

マナブさん
証拠金維持率とは、時価評価額に対しての必要証拠金の割合です。

 

証拠金維持率が一定以下まで低下すると、強制的にポジションが決済されるロスカットになることもあります。

 

特にハイレバレッジトレードをする場合、あっという間に証拠金維持率が下がってしまうこともあり、証拠金維持率について気を配らなければなりません。

 

また、短期トレードやデイトレードでは、証拠金維持率300%以上あれば安全圏と言われていますので、トレード画面で確認する癖をつけておきましょう。

 

「必要証拠金」「証拠金維持率」の計算方法

 

マナブさん
必要証拠金の計算方法は、以下のとおりです。

 

現在為替レート×取引単位÷レバレッジ

 

仮に米ドル/円の為替レート100円でレバレッジ25倍、10,000通貨の場合は以下のとおりです。

 

100円×10,000通貨÷25倍=40,000円

 

上記の条件での必要証拠金は40,000円になりました。

 

証拠金維持率の計算方法は、以下のとおりです。

 

有効証拠金(口座資金±損益)÷必要証拠金(為替レート×取引単位÷レバレッジ)×100

 

仮に口座資金100,000円、為替レート100円のレバレッジ25倍で10,000通貨の場合は以下のとおりです。

 

100,000円÷100円×10,000通貨÷25倍×100=250%

 

証拠金維持率はポジションを保有していた場合、損益によって変化することを覚えておきましょう。

 

通貨取引単位によって必要証拠金は変動する

 

マナブさん
必要証拠金は通貨取引単位によって変動します。

 

ここでは米ドル/円でレバレッジ25倍、為替レートは100円と仮定した場合の各通貨取引単位の必要証拠金を以下に示しました。

 

  • 1通貨=4円
  • 10通貨=40円
  • 100通貨=400円
  • 1000通貨=4,000円
  • 10000通貨=40,000円

 

このように通貨取引単位毎の必要証拠金は異なるため、自身の資金を考慮したうえで取引単位を決めるようにしましょう。

 

通貨ペア毎の必要証拠金一覧

マナブさん
ここでは、各通貨ペア毎の必要証拠金をご紹介致します。

(前提条件:DMM FX)

通貨ペア 必要証拠金
USD/JPY=110.693 44,277円
EUR/JPY=120.834 48,333円
GBP/JPY=131.401 52,560円
AUD/JPY=65.643 26,257円
NZD/JPY=64.659 25,863円
CHF/JPY=113.677 45,470円
CAD/JPY=77.728 31,091円
ZAR/JPY=6.377 2,550円
EUR/USD=1.09154 48,324円
GBP/USD=1.18716 52,560円
AUD/USD=0.59295 26,252円
NZD/USD=0.58419 25,867円
USD/CHF=0.97395 44,293円
USD/CAD=1.42431 44,292円
EUR/GBP=0.91970 48,342円
EUR/AUD=1.84146 48,337円
EUR/NZD=1.86974 48,338円
EUR/CHF=1.06293 48,341円
GBP/AUD=2.00257 52,562円
GBP/CHF=1.15584 52,565円

※必要証拠金は調査日の為替レートで計算、取引単位は10,000通貨。

 

必要証拠金の計算が面倒に感じる場合は、各FX業者が公式サイト等に用意した必要証拠金シミュレーターを使えばすぐわかります。

 

FXの証拠金に関するQ&A

マナブさん
最後にFXの証拠金に関してよくあるQ&Aをご紹介致します。

FXの証拠金が不足した場合はどうなるの?

 

FXの証拠金が不足した場合、まずはマージンコールがされます。

 

マージンコール内に証拠金不足を解消する入金をすれば解決します。

 

しかし、マージンコール内に入金できなければ、ロスカットされてしまいます。

 

少ない証拠金でトレードする方法は?

 

少ない証拠金でトレードしたい場合、レバレッジの高いFX業者または最小取引単位の低いFX業者を選ぶ必要があります。

 

日本のFX業者は最大レバレッジ25倍という規制があるため、最小取引単位の低いFX業者を利用すれば少ない証拠金でトレードできます。

 

たとえば、マネーパートナーズというFX業者は最小取引単位100通貨から対応しているため、少ない証拠金でトレードができます。

 

FX口座に預けた証拠金はどのように管理している?

 

FX業者のFX口座に預けた証拠金は通常、明確に分別されています。

 

仮にFX業者が破たんした場合でも信託保全先から返金を受けられます。

 

まとめ

 

今回はFXにおける証拠金について詳しく解説してきました。

 

証拠金はFXにおいて重要な位置を占め、保有できるポジション量やロスカットまでの水準を推測できます。

 

必要証拠金や証拠金維持率等は普段FXでトレードをする場合、そこまで証拠金について考えることはないかもしれませんが、大事なことなので覚えておくようにしましょう。

>FXで最も重要なのは「トータルで勝つ」事です

FXで最も重要なのは「トータルで勝つ」事です


トータルで勝つ為の戦略として「業者選定」はとても重要です。

FXを10年経験してきた筆者がメインで扱っている「DMMFX」はツールも扱いやすい為、FX初心者にとって不都合ない業者です。

上記の業者で負け越してしまう場合は、どこを利用しても負けてしまいます。
FXで結果を出すのに、遠回りしない業者選定を心掛けましょう!

CTR IMG
\ 2020年!最新版 /
【確認必須】FX初心者におすすめな厳選4業者を徹底比較!
記事を確認してみる
\ 2020年!最新版 /
【確認必須】FX初心者におすすめな厳選4業者を徹底比較!
記事を確認してみる