スプレッド最狭水準のFX10会社を徹底比較!【2020年最新版】

スプレッド最狭水準のFX10業者を比較!おすすめできるFX業者は?
マナブさん
FXを始めるにあたってスプレッドは非常に重要なポイント

 

スプレッドを知るのと知らないのとでは、損益に大きな影響を与えます。

 

このページでは、スプレッドの意味から各FX業者のスプレッドを比較した内容までわかりやすく解説していきます。

 

スプレッドについて悩んでいる人は、最後まで読めばすべて解決していると思いますので、ぜひ最後までご覧になってみてください。

 

FX用語「スプレッド」の意味とは?

FX用語「スプレッド」の意味とは?(出典:LINE FXアプリ取引画面

 

マナブさん
スプレッドとは、売値と買値の差を意味しており、FX業者へ支払う手数料であり、FX業者の売上となります

 

たとえば、スプレッド0.2銭の場合は2円の1/1,000です。

 

もう少しわかりやすくするために、スプレッド0.2銭のFX業者と最低取引単位との関係を以下に記しておきましょう。

 

  • 最低取引単位100通貨=0.2円(20銭)のスプレッド
  • 最低取引単位1,000通貨=2円のスプレッド
  • 最低取引単位10,000通貨=20円のスプレッド

 

スプレッドが狭ければ狭いほど基本的に低コストでトレードが可能となります。

 

スプレッドだけがFX業者を選ぶすべてではないですが、なるべくスプレッドの狭いFX業者を選ぶほうがお得ということは理解できるはずです。

 

FX用語で出てくる「pips(ピップス)」の意味とは?

FXのpips(ピップス)とは?

 

マナブさん
FX用語におけるpipsとは、異なる通貨単位を共通の単位で表示する方法です。

 

  • 日本円=1pips=0.01円
  • 米ドル=1pips=0.0001ドル

まだ複雑に感じるかもしれませんので、もう少しわかりやすく説明しましょう。

 

仮に10,000通貨でトレードをして50pips得た場合は5,000円の利益、100pips得た場合は10,000円の利益です。

 

マナブさん
pipsという通貨共通単位を扱う事で、通貨ごとに値が変わっても共通の意味合いを持つ事が可能となります。

 

このpipsの感覚は数日から数週間FXでトレードを続ければすぐに理解できるため、必要以上に難しく感じる必要はありません。

 

 

FXのスプレッドと手数料の違いは?

FXのスプレッドと手数料の違いは?

 

マナブさん
トレーダーからすると、スプレッドと手数料の意味は事実上同じです。

 

しかし、FX業者によっては取引手数料とスプレッドの両方を徴収したり、あるいは片方だけを徴収したりしています

 

FX業者は基本的に取引手数料ではなく、スプレッドという名称で事実上の手数料=利益を得ています。

 

FXのスプレッド計算方法は?

FXでかかる手数料(スプレッド)の計算方法

 

マナブさん
スプレッドの計算方法は、以下の計算方法で算出できます。

 

ここでは、0.2銭のスプレッドに仮定し、取引単位別に計算式を表示してみました。

 

  • 100通貨=0.2銭×100通貨=20銭=0.2円
  • 1,000通貨=0.2銭×1,000通貨=200銭=2円
  • 10,000通貨=0.2銭×10,000通貨=2,000銭=20円

 

以上のように、最低取引単位とスプレッドによって事実上の手数料が異なります。

 

スプレッド以外にかかる手数料の種類については、下記記事にて詳しく解説しております。
FXに関する手数料の種類をご紹介!FX13業者の比較一覧表付き

 

【変動なし原則固定】FX10社のスプレッド比較一覧表

【変動なし原則固定】FX10社のスプレッド比較一覧表

 

マナブさん
ここでは人気の高いFX業者10社のスプレッドを比較した表を用意しました。

 

(右へスクロールできます)
青字をクリックすると、評判解説記事に飛べます

FX業者 変動or固定 ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 公式HP
DMM FX 原則固定 0.2銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭 詳細はこちら
GMOクリック証券 原則固定 0.2銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭 詳細はこちら
LIGHT FX 原則固定 0.2銭 0.4銭 0.8銭 0.6銭 詳細はこちら
みんなのFX 原則固定 0.2銭 0.4銭 0.8銭 0.6銭 詳細はこちら
マネーパートナーズFX 原則固定 0.3銭 0.4銭 0.9銭 0.6銭 詳細はこちら
外為オンライン 原則固定 1.0銭 2.0銭 4.0銭 3.0銭 詳細はこちら
外為ジャパン 原則固定 0.2銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭 詳細はこちら
LION FX 原則固定 0.2銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭 詳細はこちら
YJFX! 原則固定 0.2銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭 詳細はこちら
ライブスターFX 原則固定 0.9銭 1.9銭 3.4銭 3.2銭 詳細はこちら

 

 

FX初心者向け!スプレッドが広がりづらいFX業者をご紹介

FX初心者向け!スプレッドが広がりづらいFX業者をご紹介

 

マナブさん
FX業者を選ぶときは、なるべくスプレッドが狭いFX業者がおすすめです。

 

もちろんスプレッドの広いFX業者は、たとえば自動売買ツールを提供していたり別の部分で魅力があったりします。

 

しかし、まずはトレードを繰り返してFXを体験することが大事なFX初心者は、スプレッドの狭いFX業者を選ぶべきでしょう

 

また、FX初心者はどうしてもFXを始めた楽しさから何度もトレードをしてしまいがちなので、やはりスプレッドは狭いほうがおすすめです。

 

そのうえサポート力や他の部分も総合的に魅力があるFX業者を選ぶべきでしょう。

 

結論としては、DMMFXがFX初心者におすすめできるFX業者です。

 

DMM FXの特徴とスプレッド

【DMM FX】

 

DMMFXのメリット DMMFXのデメリット
・国内FX業者口座開設数1位

・各種手数料無料

・業界最狭水準のスプレッド

・24時間問い合わせに対応

・LINE問い合わせに対応

・使いやすい取引ツール

・クイック入金に対応

・換金できるポイントサービスあり

・無料の経済ニュース配信あり

・新規口座開設キャッシュバックあり

・最低取引単位10,000通貨

・トルコリラ/円の取り扱いはない

・スキャルピング禁止

 

DMMFXはメリットに対してデメリットが非常に少なく、FX初心者におすすめできます。

 

また、メリットに関しては業界初のLINE問い合わせや換金できるポイントサービス等、他社とは一線を画したFX業者です。

 

【DMM FX 主要通貨ペアのスプレッド】

FX業者 変動or固定 ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円
DMM FX 原則固定 0.2銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭

 

初めてFXを始める人でも充実したサービス内容のため、DMMFXをメイン口座として開設しておいてはいかがでしょうか。

 

DMM FX

 

YJFX!の特徴とスプレッド

【YJFX!】

 

マナブさん
YJFX!はヤフーグループが運営するFX業者です。

有名大手企業ということで信頼度は抜群に高いFX業者になるでしょう。

 

YJFX!のメリット YJFX!のデメリット
・少額投資ができる
・メジャー通貨は業界最狭水準のスプレッド
・24時間サポートあり
・人気スマホアプリCymoを利用できる
・paypay還元キャンペーンあり
・トルコリラ/円は取り扱っていない
・マイナー通貨ペアのスプレッドは決して業界最狭水準ではない
・ニュース配信数はそこまで多くない

 

スマホアプリはとても使いやすく、初心者の方でも迷う事なく操作できる仕様となっております。

また、ヤフーグループの運営するpaypay還元キャンペーンといったユニークなものがあり、ユーザーは魅力的に感じるでしょう。

 

【YJFX! 主要通貨ペアのスプレッド】

FX業者 変動or固定 ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円
YJFX! 原則固定 0.2銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭

 

マナブさん
FX初心者はもちろん熟練者まで選ばれているFX業者なので、利用に際して不便を覚えることは少ないはずです。

基本的にメイン口座として活用できるFX業者です。

 

YJFX!の外国為替証拠金取引【外貨ex】

 

FX業者毎にスプレッドが違う仕組み

FX業者毎にスプレッドが違う仕組み

 

マナブさん
スプレッドは通貨ペア毎だけでなくFX業者毎に異なります。

 

各FX業者でスプレッドが異なる理由は、以下の3点を挙げられます。

 

  • スプレッド以外にサービスにおける差
  • カバー先金融機関
  • 取引量の差

 

スプレッド以外のサービスにおける差

スプレッド以外のサービスにおける差

 

マナブさん
FX業者は各社サービスが違います。

 

たとえば、今回示したスプレッド比較表の中では外為オンラインのスプレッドが一番高いです

 

一見すると外為オンラインを選ぶ理由はないように思いますが、実はiサイクル2取引という自動注文システムを提供しています

 

このようにFX業者によっては魅力のあるサービスを提供していることもあり、その代わりにスプレッドを高く設定しています

 

スプレッドに重点を置くか独自サービスに重点を置くか、それはトレーダーの考え方次第になるでしょう。

 

ただ、FX業者は複数の口座開設をしても問題ないため、メイン口座とサブ口座として使い分ける方法が最も適しています

 

カバー先金融機関の差

カバー先金融機関の差

 

マナブさん
FX業者によってカバー先の金融機関に違いがあります。

 

複数のカバー先の金融機関があれば、その中で最も有利なレートを選んでいます。

 

カバー先金融機関が多いほど有利なレートを取得しやすいため、結果的に各FX業者によってスプレッドに違いがあります。

 

マナブさん
要は提携する銀行先の条件の違いですね

 

取引量の差

取引量の差

 

マナブさん
日本人は世界でもトップクラスにFXトレーダーがいます。

 

そのため取引量が非常に多く、スプレッドを縮小しても利益は得やすいです。

 

冒頭でも解説した通り、スプレッドはFX業者の事実上の手数料=利益になります。

 

つまり、各FX業者の口座開設数や取引量とスプレッドに関係があり、スプレッドの狭いFX業者は多くのアクティブトレーダーを抱えている場合が多いです。

 

一方、スプレッドの広いFX業者は取引量が少ない可能性が高いでしょう。

 

というのも、取引量が少なければ取引量の多いFX業者よりも利益を得る機会は少なくなってしまいます。

 

マナブさん
以上のような理由から、FX業者毎にスプレッドの差があります。

 

原則固定スプレッドと変動性スプレッドの違いとは?

原則固定スプレッドと変動性スプレッドの違いとは?

 

マナブさん
スプレッドはFX業者によって原則固定や変動性があります。

 

以下にスプレッドの種類と特徴について表を用意しましたので、まずは確認してみてください。

スプレッドの種類 各スプレッドの特徴
変動性スプレッド インターバンクのレートを採用、スプレッドは常に変動しがち。
原則固定スプレッド 原則的に提示スプレッドでトレード可能。

重要経済指標、要人発言といった為替相場が激しいときに変動。

完全固定スプレッド 提示したスプレッドが一切変動しない。

現在、国内FX業者では採用していない。

 

他にもキャンペーン期間中によってスプレッドが縮小するケースもあり得ます。

 

いずれにせよ完全固定スプレッドは現在存在しないので、重要経済指標等は事前に確認してスプレッドが広がっても驚かないようにしましょう。

 

FXのスプレッドに関するQ&A

FXのスプレッドに関するQ&A

 

マナブさん
ここでは、スプレッドに関するよくある質問について回答していきます。

 

スプレッドが広がりやすいタイミングは?

 

マナブさん
スプレッドが広がりやすいタイミングは、以下を挙げられます。

 

  • 重要経済指標(米国雇用統計、FOMC等)
  • 流動性の低い日程(クリスマスや年末年始※レート配信していないことが多い)
  • 流動性の低い早朝またはスワップポイント対策

 

スプレッドの広がったタイミングでトレードをすると損をしてしまうため、事前に対策できるものはよく確認しておきましょう。

 

 スプレッドが重要になるトレード手法はなに?

 

マナブさん
FXのトレード手法は、分別すれば以下の4種類になります。

 

  • スキャルピング
  • デイトレード
  • スイングトレード
  • 長期トレード

 

トレード手法によって取引回数の多さは以下のとおりです。

 

スキャルピング>デイトレード>スイングトレード>長期トレード

 

スプレッドは取引毎に発生するコストになるため、取引回数が多ければ多いほどコストが積み上がっていきます。

 

つまり、スキャルピングやデイトレード中心のトレード手法を検討している場合、よりスプレッドの狭いFX業者でトレードをすることが大事です。

 

大きく分けて5つある基本的なトレード手法について理解していない方は、下記記事を確認しておきましょう。
FXの基本トレード手法まとめ!FX初心者はシンプルな手法から理解しよう

 

 

まとめ

 

マナブさん
今回はFXを始めるうえで非常に大事なスプレッドについて説明しました。

 

スプレッドはトレーダーの事実上の手数料であり、FX業者の収益源です

 

当たり前のことですが、スプレッドは狭いほうがトレーダーは有利になるため、通常は少しでもスプレッドの狭いFX業者を選ぶようにしましょう。

 

最後に覚えておいて欲しい点を簡単にまとめてみましたので、確認してみてください。

 

  • スプレッドは事実上の手数料
  • スプレッドは狭いほうがトレーダーに有利
  • FX業者毎にスプレッドは違う
  • 通貨ペア毎にスプレッドは違う
  • 原則固定スプレッドはあくまで通常の為替相場に限定している
  • スプレッドの広いFX業者は独自サービスに魅力がある可能性が高い

 

以上、FX業者のスプレッドについてはよく確認したうえで口座開設とトレードを行うようにしましょう。

 

FX初心者の方が持っておいた損はないFX業者を下記記事にて解説しております。
【2020年版】FX初心者におすすめな厳選4業者を徹底比較!

 

【FXはトータルで勝つ事が大切!勝ち組FXの始め方とは?】
5

FXは考え方次第で利益を着実に生み出す事が可能です。
FXの特性上、短期的に利益を大きく取りに行けるので、ギャンブル性が高いようにも思えます。
ただ「FXで負けてしまう行動を徹底的に抑える事」で、着実に利益を生み出す事ができます。
ぜひ、堅実なFXライフを送るための考え方をご欄下さい。

>FXで最も重要なのは「トータルで勝つ」事です

FXで最も重要なのは「トータルで勝つ」事です


トータルで勝つ為の戦略として「業者選定」はとても重要です。

FX初心者の状態から、リスクを低くし、且つ勝率を高めることができるのはスプレッドが0銭である「ネオモバFX」でFX初心者にとって不都合ない業者です。

上記の業者で負け越してしまう場合は、どこを利用しても負けてしまいます。
FXで結果を出すのに、遠回りしない業者選定を心掛けましょう!

CTR IMG